心の不調を感じたら|専門医院でうつ病に診断を受けよう

男の人
  1. ホーム
  2. 心が辛い状態が続いたら

心が辛い状態が続いたら

聴診器

精神的に辛くなったら

現代社会は、ストレスが多い社会です。その結果、今の日本ではうつ病等の精神病になってしまう方がとても多いそうです。精神病と言いますと自分には無関係な特殊な病気であると認識している人も多いですが、一説によると現在の日本ではうつ病で精神科や心療内科にかかっている人が約100万人おり、生涯の発症率は15人に1人とうつ病は思ったよりも身近で誰でもなる可能性のある病気です。その為、自分がうつ病かなと感じた時、病院で診断を受ける方法やその際に気を付けておきたい事柄を知る事が重要です。まず、うつ病とは気分障害の一種で主な症状としてやる気が出なくなったり、思考能力や判断力が低下したり、不安感や悲しみの感情が持続する等があります。原因ははっきとは判明していませんが、ストレスがこの病に大きく関係している事は分かっています。ですから、精神的に大きなストレスを感じている状態が続いたり、上記のような症状が続いていたりする事が病院で診断を受診する基準になります。次に行う事は病院の予約です。現在ではネットで病院の医師の経歴や受診者の口コミを調べる事が出来ますから自分に合った病院を選ぶと良いでしょう。その際に気を付ける事は、うつ病を発症している場合は思考能力が大きく低下している可能性があり、正常な判断ができない事が多い為、家族や友人など親しい人に相談しましょう。そして、実際病院に行き診断を受診する事になります。診断まで大きな流れとして医師の診察を行ってから心理テストを行い、その後病気の診断がされる流れになります。医師の診察ではうつ病の診断基準に従って医師が生育歴や既往歴など客観的な物と診察時の表情や態度、身だしなみなどから患者の性格や考え方等を診察します。この時大切な事は、ごまかしや嘘を言わないで、率直に事実や感じている事を話す事が大切です。医師の診察はうつ病を診断する為に一番重要になる部分ですので、ここで嘘である事を医師に伝えてしまうと誤診に繋がりますし、その後、治療時に適切な治療ができなくなってしまいます。また、この場合でも自分の事を適切に伝える事が難しい場合には親しい人に同伴してもらう事も必要です。その次に心理テストを行っていきます。この病の心理テストで有名な物にHAM-D(ハミルトンうつ病評価尺度)というテストがあります。このテストは患者一人で記入するのではなく、臨床心理士の方が検査者になって患者に質問していく形式のテストです。そのテストの答えは点数かされ、診断の指標になります。その後、医師の診察結果と心理テストの結果を踏まえて病気の診断がなされます。病気がなく健康であればそこで診断は終わりとなりますが、病気が発見された場合、治療を行っていく事になります。うつ病の診察で一番大切な事は自分の状態をできるだけ正確かつ率直に伝える事と周りの親しい人に助けてもらう事が重要です。