心の不調を感じたら|専門医院でうつ病に診断を受けよう

男の人
  1. ホーム
  2. 症状は一つではない

症状は一つではない

ドクター

色々な状態になる

うつ病は心が沈み込んだ状態になってしまう等の症状が有名ですが、それ以外にも楽しさを感じることができない、攻撃的になる、拒食症や過食症の症状が出てくる等人によっても違います。また症状には波があり、調子の良い時は外出する事ができますが、調子が悪い日は布団から出る事すらできなくなってしまう人もいる程です。治療法としては投薬やカウンセリング等が行われますが、早期発見ができればそれだけ回復までの時間も短くて済むという特徴があります。もちろん放置しておいたらいずれは良くなるというものではなく、その症状に合わせて適切な処置を施さなければ悪化してしまう可能性すらある物です。ただ見た目だけではうつ病かどうかという事が判断し辛く、もしかしたらほかの病気が関係している可能性もないわけではありません。その為、実際にうつ病かどうかを正しく判断してもらう為には病院に行って診察を受けたり必要に応じて検査を受ける事になります。診察では問診票に色々な事を記入し、さらにうつ病かどうかの検査を受けますが、最終的には医師がその人自身の様子を見て診断します。診察室に入室してくる時の様子、座り方、歩き方、姿勢、話し方等多角的に見て判断し、本当にその病気かどうかを判断する形です。もちろんうつと診断された場合はその状態に合わせて投薬が行われ、さらに必要に応じてカウンセリングを受ける事になります。ただうつ病というのは決して珍しい病気という訳ではありませんが、簡単に治るというものではなく治療には時間を必要とします。その期間は発症してから診断を受けるまでの期間や、その人自身の体や心の状況等によっても左右される為、長い人も居れば短い人もいるのが実際の所です。もしかしたらうつ病かなと思った場合は、そのまま放置せずに病院で診断を受ける方がより正確に自分の状況を知ることができます。病院は精神科、若しくは心療内科に行く事になりますが、現在では大病院は勿論のこと開業医でもこれらの診察科目の病院が増えている為、自宅から通いやすい所を選びます。また実際に病院を選ぶ時は通いやすさだけでなくその医師との相性や、どの様な薬を処方するかという事でも判断することができます。相性はとても重要なポイントで、相性が良い方がその医師の意見に素直に耳を傾けやすいというメリットがあります。また薬に関しては出来るだけ自分に合った物を処方してくれる所や、最初から沢山出し過ぎない病院を選ぶと医院がポイントです。