心の不調を感じたら|専門医院でうつ病に診断を受けよう

うつ病について
ドクター

症状は一つではない

うつ病の症状は様々で、正しく診断を受ける為には病院に行って自分の様子を見てもらい医師に判断してもらうことになります。病院では投薬治療等が行われ、他の病気と同じ様に早期発見早期治療を行う方がより回復までの時間が短くて済みます。

相談

下調べして準備を

はじめて精神科などを受診して診断を受ける時には誰でも不安になります。うつや自分の症状なども含め、何か気になることがあれば事前に準備しておけば安心して臨むことが可能です。受診までの流れなどを確認して病院へ行くようにします。

疑いがあるなら受診しよう

悩む人

診療科や施設の違い

うつ病かもしれないと感じて、正確な診断を受けるには何科を受診すべきか迷ってしまう人もいます。うつ病の診断に関しては、精神科や心療内科を受診するのが基本です。精神科ではうつ病をはじめ双極性障害や統合失調症、神経症などのあらゆる心ないし脳の病気の診断と治療をおこないます。病院によっては精神神経科などの名称を用いている場合もあります。そのため、行政用語や診療科名で認知されている神経科は現在の日本において精神科の別称であることがほとんどです。似たような名前の診療科で神経内科がありますが、ここは神経痛やパーキンソン病など脳や脊髄、末梢神経に起きた障害を内科的に診断、治療するところです。そのため、うつ病の治療は行っていないので、注意が必要です。一方、身体的症状を伴っている場合は、心療内科での受診のほうが、うつ病かどうかの判断もスムーズになります。主に心の問題で起こる体の病気を内科的に治療するところで、心身症を扱っています。しかし、近年では精神科という名称に偏見や誤解を招きやすいこともあり、抵抗感をなくすために精神科が心療内科と称していることがあります。その場合、心療内科でもうつ病の治療や診断もおこなっているというのが実情です。また、精神科や神経科は大学病院や総合病院に設置されていますが、精神科専門の病院もあります。加えて、精神科や心療内科のクリニックもありメンタルクリニックの名称を使っているところもあります。大学病院や総合病院は最先端の技術や検査などの体制が整っており、ほかの診療科と連携した治療が受けられるので、老人性うつや高齢で複数の疾患を抱えている人などに最適です。ただし、予約制ではないため待ち時間が長く、うつの症状により待っているのがつらい時には避けたほうがよいといえます。また、曜日や時間も限られているので、社会人や学生で通勤や通学をしながら外来に通うのは少々難しさもあります。一方、専門病院はより専門性の高い治療を受けられ、うつの外来に力を入れているところも多いです。入院治療を受けられる安心感がありますが、精神化以外への病気への対応が難しいので、提携病院があるかどうかを確認しておくことも大事です。さらに医院・診療所などクリニックは完全予約制で土日や時間帯も夜遅くまで受け付けているところが多くなっています。社会人や学生なら学校や仕事を休んだり早退したりせずに受診できるので、変に周囲に勘ぐられることなく通院も可能です。また、街中や駅近くにあり通いやすくなっています。ただし、入院設備がないところが多く、重症患者には対応できないこともあり、その場合は総合病院などを案内されることがほとんどです。それぞれに特徴があるので、自分の症状や通いやすさなどを考慮しながら病院を選択していくことが重要です。

悩む人

調べて安心をする

うつの診断をしてもらう場合は、かかる費用と病院や精神科の評判をしっかりと確かめてから足を運ぶ事をおすすめします。費用の面は調べるのが簡単ですが、評判を調べるのは難しいので時間をかけて良い場所を探した方が良いでしょう。

聴診器

心が辛い状態が続いたら

現在はストレスが多く、うつ病になる人が多いです。その為、自分がうつ病であると感じた時には病院の診察を受ける事が重要です。診断までの順序は医師が診察と心理テストを実施し、その後病気の診断となります。大切な事は自分の事を正確に伝える事です。